近年話題!ホテルのセルフチェックインについて解説!

  • セルフチェックインのメリットとは?
  • 大型ホテルのみ導入している?
  • 実際、利用者はどう思っているの?

近年、新型コロナウイルス感染症の流行により、非対面・非接触を推奨する「新しい生活様式」が浸透してきました。それに伴い、宿泊業界では宿泊客自身がチェックイン・チェックアウトを行う「セルフチェックイン」が広く導入されました。

本記事では、ホテルのセルフチェックインを解説すると共に、メリットや実際の利用者の声についても紹介していきます。

セルフチェックインとは?

セルフチェックインとは、フロントスタッフと対面することなくお客様自身でチェックインが完了することです。多くの施設では、自動精算機やチェックイン用のタブレット端末を導入してチェックインのセルフ化を進めています。

最近では、宿泊客は現地へ到着するまでに、チェックインに必要な情報をオンラインで入力し、当日はフロントではなく、専用の機械でQRコード等を読み込むだけで簡単にチェックインできる施設も出てきています。
従来のフロントでのチェックインとの大きな違いは、より早く簡単にチェックインを済ますことが出来ることです。

セルフチェックインのメリットとは?

近年、大手ホテルチェーンを初め、旅館などでもセルフチェックインが導入されています。

施設規模や形態を問わずに導入され始めているセルフチェックインにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、セルフチェックインのメリットについて紹介していきます。

人件費の削減・人手不足解消

最低賃金の値上げが発表され人件費がかさむ一方で、思うように人材を確保することが難しい宿泊業界。加えて、コロナウイルスによる稼働率低下により人件費削減を行わなければならない現状もあります。

しかし、このような人員が少ない中でもチェックインを含めたフロント業務を行わなければなりません。

ここで人手不足を解消し、フロント業務を代行してくれるのがセルフチェックインです。

このセルフチェックインは、宿泊客のチェックイン・チェックアウトを機械で済ますだけでなく、鍵の受け渡し、現地決済までも無人で行うことが可能です。

実際に、このセルフチェックインを導入し、完全無人で運営をしているホテルも近年話題となっています。

ヒューマンエラー解消

フロント業務など長時間、人が単純作業をしているとミスは起こりやすくなります。金銭トラブルや確認ミス、個人情報漏洩などフロント業務におけるミスは、ホテルの信用にも繋がります。

しかし、このルーティン作業をホテルセルフチェックインのシステムに任せることで、フロント業務を自動化でき、ミスを防ぐことが出来ます。

感染症対策に最適

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの施設でパーテーションや消毒液の設置を見かけるようになりました。しかし、これらが設置されていても、人との接触があれば感染リスクは上がってしまいます。

ホテルに関しては、フロントでのチェックインが最も人との接触時間が長く、フロントは他の宿泊客と会う場所でもあります。

しかし、セルフチェックイン機を導入することで非対面・非接触チェックインが可能となり、フロントスタッフや他の宿泊客との接触を防ぐことが出来ます。

特にビジネスホテルでは県をまたぐ出張をしている方が多く利用するため、このシステムを導入することで、感染への不安を払拭し、安心して利用することが可能になります。

また、株式会社J.D. パワー ジャパンの調査によると、ホテルが行う新型コロナウイルス感染防止対策において「スタッフとの接触が少ないチェックインや支払い方法」を重視する方は、全体の78%でした。

この調査は、20代から60代まで行っており、どの世代においても重要視されていることがわかります。

(出典:参考資料:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000102.000042677.html )

フロントお客様の待ち時間短縮

従来のフロントでのチェックインの場合、繁忙期は列を作るほど混む事がありました。特に、早く荷物を部屋に置き観光を楽しみたい方、部屋でゆっくりしたい方にとっては、チェックイン前の待ち時間はストレスになります。

しかし、セルフチェックインを導入することで、少ない待ち時間でチェックインを済ますことが可能です。

なぜなら、フロントで行っていた作業を事前にスマホ等のデバイスで済ますことが出来るからです。

・氏名、住所等の個人情報の記入 → パソコン、スマホで記入可

・鍵の受け渡し → キーボックスの暗証番号の共有、滞在中のみ使用可能のコード発行、スマートキー(スマホをかざすだけで解錠が出来るシステム)

これらを事前に行っておくことで、当日はQRコードを読み取るだけでチェックインを済ますことが出来ます。

セルフチェックイン導入ホテルの紹介

ここでは、実際にセルフチェックインを導入しているホテルを紹介します。

セルフチェックインサービスは多くの企業がサービスを開発・提供していますが、ここではHOTEL SMARTを導入しているホテルを2軒、日本NCRのセルフチェックインを導入しているホテルを1軒紹介します。

RILO HOTELS&RESORTS

RILO HOTELS&RESORTSでは、感染症対策、また旅の時間を有効活用して欲しいという願いからセルフチェックインサービスを導入しています。

現在では、6つの宿泊施設にこのセルフチェックインを導入をしており、他の施設にも順次導入予定とのことです。(出典:https://relohotels.com/news/notice/506/ )

ホテルオリエンタルエクスプレス福岡中洲川端

ホテルオリエンタルエクスプレス福岡中洲川端では、宿泊客と従業員の健康に配慮した取り組みの1つとしてセルフチェックインサービスを導入しています。
(出典:http://nakasukawabata.hotelorientalexpress.com/facilities/ )

アパホテル

全国にホテルを展開しているアパホテルでは、客室数が多くても待ち時間を作らないためにセルフチェックインを導入し始めました。

このセルフチェックインはアパホテル公式アプリとも連携しているため、簡単にスマホからチェックイン手続きを行うことも出来ます。(出典:​​https://www.ncr-bs.com/casestudy/hif.html?pdid=20 )

セルフチェックインの口コミを紹介!

ここでは、実際の宿泊客の口コミを紹介します。実際のところ使いやすいのか…など不安に感じている方は是非一度、目を通して頂けると幸いです。              

RILO HOTELS&RESORTS ゆりとろ那須塩原

ここでは、RILO HOTELS&RESORTSの宿泊施設の一つ「ゆりとろ那須塩原」の口コミを紹介します。

①セルフチェックイン専用のスペースがあり簡単に手続きができた。

②QRコードで楽にチェックインが出来た。

③セルフチェックインに少し戸惑った。

RILO HOTELS&RESORTS セントラルリゾート宮古島

ここでは同じくRILO HOTELS&RESORTSの宿泊施設、セントラルリゾート宮古島の口コミを紹介します。

①セルフチェックインはパソコンでスムーズに出来るため良い。

②素早くチェックインすることが出来た。

③事前に送られてくるメールがわかりづらかった。

2つのホテルの口コミを紹介しました。

2つのホテルに共通して、手間が掛からずスムーズにチェックイン出来たという声が多かったと思います。しかし一方で、ここ数年でセルフチェックイン導入が進んでいるため、まだセルフチェックインを使ったことがなく、戸惑う宿泊客の方もいます。

そのためセルフチェックインの方法を近くに掲載するなどの工夫が必要となってくるでしょう。

まとめ

今回は、ホテルのセルフチェックインについて解説しました。人件費の削減から非対面化による感染症対策など、セルフチェックインのメリットや需要の高さなどを理解いただけたかと思います。実際に大手ホテルチェーンを中心にホテルのセルフチェックインの導入が進んでおり、利用されているシステムもキオスク型の端末からタブレット型の端末まで様々な物が存在しています。

HOTEL SMARTではタブレットを利用することで、初期費用を抑えながらセルフチェックインの導入が可能です。詳細については下記ページを参考にしてください。

HOTEL SMARTについて詳しく知る!

関連記事

TOP