無人ホテルのメリットとホテル無人化に必要な要件を解説

コロナ禍以降では、旅行する機会が減っている方が多いでしょう。その影響で、ホテルに宿泊する人も以前と比べると減ってきています。

ホテルに宿泊するとフロントでの人との接触があるため、コロナの感染リスクは避けられません。しかし、最近ではフロントで人との接触を介さない無人ホテルが増加しています。

無人ホテルには、感染リスクの減少以外にも多くのメリットがあるため、ホテルの無人化は今後増えていくことが予想されるでしょう。

そこで今回は、無人ホテルによる施設側とゲスト側それぞれのメリットを紹介します。さらに、無人ホテルを達成するために必要な条件についても解説します。

ホテルの無人化を実現したいオーナーの方はもちろん、無人ホテルの仕組みについて興味のある方も、ぜひ最後までご覧ください。

先に結論から言うと、以下の通りです。

無人ホテルとは、その名の通りホテル内にスタッフがいないホテルのことです。

フロントでの有人対応がないのが最大の特徴と言えるでしょう。

  • ホテル無人化の施設側メリットは、「人件費削減」「従業員のコロナ感染対策」「ヒューマンエラーの減少」などが挙げられる
  • ゲスト側のメリットは「チェックイン・アウトの手間が減る」「対面接客がない」などがある
  • ホテル無人化のためには「ICTチェックイン機の導入」「鍵の受け渡し体制の整備」などが必須
  • ホテル無人化のためのおすすめツールは「HOTEL SMART

HOTEL SMARTでホテルを無人化する!

    最近流行りの無人ホテルとは?

    従来のホテルでは、フロントでスタッフの接客によりチェックイン・チェックアウトをします。一方で、無人ホテルではフロントでの対面接客をなくし、用意してあるタブレット端末などを使い、ゲストがセルフチェックインするという方式です。

    ホテル内にはスタッフはいませんがホテル近くに運営本部を設置しているところが多く、緊急時には迅速に対応できるようになっています。

    実際に無人運営しているホテルの一例として「タクトステイ大阪弁天町」があります。

    このホテルでは館内に設置したタブレットを使い、案内表示に従って予約情報の確認から本人確認、鍵の引き受けまでが可能です。チェックイン操作も難しくないので、スマホやタブレットに慣れている現役世代の方なら従来のフロント対応よりも楽に感じる方もいるでしょう。

    無人ホテルの施設側のメリット

    無人ホテルのメリットは何でしょうか?ここからは、無人ホテルにすることで得られる施設側のメリットを3つ紹介します。

    人件費の削減

    施設側の一番大きなメリットは、人件費の削減です。

    ほとんどのホテルはフロント24時間体制を取っているので、常に人件費が発生します。

    特に夜間などは、ゲストも眠っているためにフロントに用事がある方は多くないです。そんな時間帯でも、フロントに人件費を割かなければいけないのは非効率でしょう。

    無人ホテルにすることで、夜間帯以外の時間も含め人件費を削減できるので施設側としては利益を上げやすくなります。

    非対面化による感染症対策

    当然、コロナ対策としての効果もあります。フロントに人を配置しないので、ゲストとスタッフが対面でやり取りをすることはありません。

    仮に、一般のホテルでゲストやフロントスタッフから感染者が出れば、となれば、当人だけでなく関わったスタッフも自宅待機となり、人手不足の可能性も出てきます。

    さらに施設内の消毒も必要となり、閉鎖を余儀なくされます。また、「コロナウイルスが出たホテル」ということが広まれば、ゲストの足も遠のくことが予想されます。

    無人化・非対面化による感染対策は、営業を滞りなく続けるためにも大切です。

    ヒューマンエラーの減少

    無人ホテルでは、鍵の受け渡しや予約管理は専用のシステムにより自動化されています。そのため、鍵の渡し間違いや精算間違いなどのミスを防げます。

    このようなミスがなくなることでゲストも安心して宿泊ができるため、施設の評価が上がることに繋がるでしょう。

    無人ホテルのゲスト側のメリット

    無人ホテルには施設側だけでなく、宿泊するゲストにもメリットがあります。ゲスト側のメリットを2つ紹介します。

    チェックイン・チェックアウトの手間が減る

    一般のホテルだと、チェックインする際にはフロントにて個人情報の記入や鍵の受け取りが必要です。週末のピーク時間帯に宿泊するときなんかは、チェックインが長蛇の列になることもあります。

    無人ホテルの場合は、ゲストのスマホやホテルに備え付けられてるタブレットの操作によりチェックイン・チェックアウトが完了するので、非常にスピーディーです。長時間並ぶこともなく、チェックイン時の名前や住所の記入も不要なので楽にチェックインできます。

    誰にも顔を合わせずに済む

    フロントが無人なので、誰にも会わなくて良いのもメリットに感じる方もいるでしょう。

    誰しもが対面接客を好むわけではありません。対面接客が苦手な方や著名人で誰にもバレたくないという方からすると、無人ホテルは気楽にチェックイン・チェックアウトが可能です。

    ホテル無人化に必要なもの

    ホテルを無人化すると、様々なメリットがあることを解説してきました。では、ホテル無人化の実現には何が必要でしょうか?無人化するために必要なものを紹介します。

    現地設置のICTチェックイン機

    無人で運営するためには、ICT機器による自動チェックイン機が必要です。以前まではホテル運営のためにはフロント設備を設けることが必須でした。しかし、現在ではフロントに代替する機能があればホテル運営が可能となっています。

    そのフロントに代わる機能として求められるのが、顔認証による本人確認が可能なICT設備となっています。

    ”玄関帳場等の基準の緩和
    厚生労働省令で定める基準を満たす設備(ビデオカメラによる顔認証による本人確認機能等のICT設備を想定)を、玄関帳場等に代替する機能を有する設備として認めることとする。”

    引用:「旅館業法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令」

    顔認証で本人確認を行えば、宿泊者名簿の正確な管理に結びつきフロントの代替条件として認められるということになります。

    鍵の受け渡し体制の整備

    鍵の受け渡し体制を整えることも必要になります。鍵を適切に受け渡せないと、フロントの代替として認められないためです。

    無人ホテルにおける鍵の受け渡し方法としては、スマートロックやキーボックスが挙げられます。今後は、スマートロックが主流になっていくことが予想されるため、これから無人ホテル化を検討している方はスマートロックによる鍵の受け渡し体制を整えていくと良いでしょう。

    緊急時対応の仕組みを確立

    無人ホテルであっても、ホテル運営していくために緊急時には迅速な対応が求められます。そのため、ホテルの近くに事務所を構えるのが望ましいでしょう。具体的には徒歩10分圏内であれば問題ないようです。

    10分圏内の位置に事務所を持てない場合は、セキュリティ会社などに委託して緊急時対応ができる仕組みを作っておくことが大切です。

    出入り状況の確認を可能にする

    宿泊者以外の出入り状況の確認ができないと、無人ホテルとして営業できません。わかりやすく言うと、防犯カメラの設置と言うことになります。

    防犯の観点から考えても防犯カメラの設置は基本ですので、設置していつでも確認できるようにしておきましょう。

    無人ホテル運営時の注意点

    上記で説明した無人ホテルに必要なものを整備しても、地域ごとでより厳しい条例を設けている場合があります。上乗せ条例と呼ばれており、代表的なものでは以下のようなものがあります。

    • スタッフ常駐が必須
    • 鍵の受け渡しは対面限定
    • 緊急時対応はホテルスタッフのみ(提携会社は不可)

    無人ホテルを開業する場合は、事前にその地域の条例を必ず確認しましょう。

    まとめ:HOTEL SMARTでホテルの無人化を実現

    コロナ禍の影響でどんどん増えている無人ホテルについて、メリットや必要要件を解説してきました。

    改めて、今回の記事をまとめると以下の通りです。

    • 無人ホテルとは、ホテル内にスタッフがおらず、遠隔で運営しているホテルのこと
    • 施設側は人件費削減、ゲスト側はチェックイン・アウトの手間が減るなど双方にメリットがある
    • ホテル無人化の実現には、フロントを代替するための機能が必要

    ホテル無人化を可能にするツールとしては「HOTEL SMART」がおすすめです。

    顔認証やテレビ電話による本人確認機能があり、スマートキー連携による適切な鍵の受け渡しを可能とします。

    個人情報の保護体制も整っており、サイトコントローラーと連携できるので宿泊予約の管理も簡単です。

    無人ホテルの運営を検討されている方は「HOTEL SMART」を導入してみてはいかがでしょうか?

    関連記事

    TOP